gourmet_L_03-t

こんにちは、庭コショリです!

うちでは定期的に購入しているロシア食品がいくつかあります。

先日すこしだけまとめ買いをしましたので、今日はその中のひとつグレーチカ(гречка)を紹介したいと思います。

ロシアのそばの実グレーチカ

タイトル通りですが、グレーチカとはそばの実のことです。グレーチャと呼ばれることもあります。

ロシアでは茹でて塩で食べたり、柔らかく煮ておかゆのような感じで食べるのがポピュラーなんだとか。

味付けを工夫することでバリエーション豊かな食べ方を楽しむことができるので、私はいつも「今日は何味で食べようかな」なんて考えながら調理しています。

そんなグレーチカ、普段うちが購入しているのはこちら。


在庫が切れている場合、少し待てばまた入荷されることが多いので、気になる方は気長に待ってみてください。

こんな感じで届きます

220427_グレーチャ-a

しっかりした段ボールに入って届きます。

220427_グレーチャ-b

開けます。

220427_グレーチャ-c

一つずつ袋に入れられています。ていねい。

220427_グレーチャ-d

開封したところ。

220427_グレーチャ-e

いつもおまけ付けてくれるのがちょっと嬉しい。この時はリチャードの紅茶とアッコンドのチョコレート菓子でした。

220427_グレーチャ-h

おまけの成分表示までつけてくれる。食物アレルギーがあると大変ですもんね。

220427_グレーチャ-f

チラシです。ロシアブランドの紅茶が紹介されています。

220427_グレーチャ-g

ここに載ってる紅茶はロシアならその辺のスーパーで安く売ってるものらしいです。

商品を詳しく見てみましょう

220427_グレーチャ-1

表面。

220427_グレーチャ-02

裏面。

220427_グレーチャ-03

成分表拡大。日本語で書かれた調理方法もあるので、初めての方でも美味しく作れます。

220427_グレーチャ-04

一袋67g。こう見ると少なく見えますが、茹でるとふやけるので一気に量が増えます。それこそ一袋でおなかいっぱいになるくらいに!

220427_グレーチャ-04-5

袋にはたくさんの小さい穴が開いています。もっと拡大してみてみましょう。

220427_グレーチャ-05

この穴は茹でた時に実をお湯に触れさせるためとか、温まった時の破裂防止のためとか、単に湯切りのためかな?

余談ですが、穴から実の欠片がこぼれ出ちゃうので箱の中は粉っぽくなっています。粉を飛び散らせたくない方は箱から袋を取り出すときはちょっと注意してみてくださいね。

グレーチカ、いざ実食

用意するものは以下の通りです。

  • 【一人分】
  • お湯……………1L
  • 塩………………小さじ4/1
  • グレーチカ……1袋

今回作るのは一人分ですが、うちでは2人分作るときも同じ分量でやってます。

では早速調理していきます!

1.鍋に湯を沸かす

220427_グレーチャ-06

水1Lを入れて沸かしましょう。

※今回は写真撮るからな…と思って1Lにしてますが、正直いうと普段は400~500mlで茹でてます。それでもちゃんとできますし、仕上がりに大差はないので急いでる人は少なめでいいと思います。

220427_グレーチャ-07

沸騰しました。次のステップへ。

2.塩を入れる

220427_グレーチャ-09

ほんのり塩味がつくことにより、噛みしめた時の甘みが引き立って美味しくなります。でも絶対ではないので、塩分が気になる方は入れなくても大丈夫。

3.袋を入れて茹でる

220427_グレーチャ-08

袋を湯に入れたらあとはお好みの時間茹でましょう。うちでは6段階のIHを4にして7分茹でています。ちょい強火くらいですね。

この設定だと食べやすい柔らかさがありつつ、歯ごたえも十分残るくらいに茹で上がります。

4.茹で上がり

220427_グレーチャ-10

袋の上部に専用の穴があるので、ここにフォークをひっかけて持ち上げ湯切りをします。

220427_グレーチャ-11

よいしょ、よいしょ。しっかりお湯を切って…

5.お皿に置いて粗熱を取る

220427_グレーチャ-12

お皿に置いて少しだけ冷まします。余熱で火を通す意味もありますが、そもそも出した直後は熱くて触れないので。

6.開ける

220427_グレーチャ-13

触れるくらいまでになったらお皿に開けましょう。袋は手で切れないこともないですが、ちょっと開けにくいのでハサミを使ったほうが早いです。

7.完成!

220427_グレーチャ-14

自分の好きな味付けをして出来上がりです!

この時は塩+バターで食べました。バター乗せの時は、バターが溶けたらしっかり混ぜると味が行き渡って美味しくなりますよ。

220427_グレーチャ-15

この写真の色が実物に一番近いかな?

220427_グレーチャ-16

食べるときの塩加減はお好みで。ロシアごはんウマーです!

グレーチカその他のおすすめ味付け

私が食べた中での個人的なおすすめ味付けを紹介します。

納豆+ねぎ+ポン酢

220427_グレーチャ-i

これが意外なほど合うんですよ…!ねぎは白ネギでも良いし、納豆はひきわりでも粒でも美味しく食べられます。

冷たい牛乳+砂糖

220427_グレーチャ-j

ロシアのおそらくスタンダードな食べ方。私は牛乳がぬるいのが苦手なので、グレーチカがしっかり冷めてから注ぐようにしています。はちみつ入れても美味しいです。

こんな風にグレーチカはいろいろな食べ方(味付け)ができるので、ぜひご自分のお気に入りを見つけてみてくださいね。


☟こちらもどうぞ!グレーチカレシピいっぱい。


ちなみに・・・

この記事で紹介しているアルタイのグレーチカは一部のイオンに入っている「カフェランテ」でも取り扱いがあるらしいです。


今現在の情勢から考えると既に取り扱いが終了していることも考えられるので、これ目的でお店に行く場合は一度在庫の問い合わせをした上で買い物に行ったほうがいいかもしれません。

おまけ:一コマロシア語劇場

gourmet_L_03-1

「グレーチカをグレーチャと呼ぶ事もある」というのは記事冒頭で書いた通りですが、「グレーチャ」と呼んだ場合あるものと名前がかぶるという話。

  • Ирюфу:По-русски гречей героин называют. Смотри не ошибись!
    イルフ:ロシア語だとヘロインのこともグレーチャって呼ぶよ。誤解されないように気をつけてね!
  • Кошори:Ничего себе ошибочка...
    コショリ:その誤解はシャレにならん…

ヘロインはロシア語でгероин(ゲロイン)と言います。

これをロシアお得意の愛称で呼ぶとグレーチャになるそうで、あらやだ見事にかぶってる!という話。

ヘロイン=グレーチャはいわばスラングのようなもので、若い人たちがネタとして使っているとかいないとか、そんな感じらしいですよ。

ちょっとダークな知識なのかもしれませんが、こういうのこそ面白いし教えてほしいですよね。

あ、グレーチカをグレーチャと呼ぶ分には何も問題ありませんので、その点だけ覚えておいてもらえたらなと思います!