Daily_L_01-t

こんにちは、庭コショリです!

ロシア人は迷信深い、という言葉を聞いたことはありませんか?

実際のところロシアでは迷信を信じる人の割合が多いそうで、それゆえなのかはわかりませんがその種類も数多くあるようです。

今回はその迷信からひとつ、風邪にまつわる話をお届けします。

Daily_L_01-1
Daily_L_01-2
Daily_L_01-3
Daily_L_01-4

ロシアの迷信

冷たい飲み物を飲むと風邪をひく

理由:ノドが冷えるから

日本では一般的に「おなか」が冷えると風邪をひくと言われますが、ロシアでは「のど」なのだそうです。

なぜのどなのかは文化的な背景や習慣が影響しているのだと思いますが、正確な理由は夫も知らないようです。知っている人がいたらぜひ教えてください!

現象が起こる条件は人間の体にとって等しいのに、育った文化によって解釈が異なるのって不思議ですよね。こういうのを発見するたびに国際結婚て面白いなと思います。

ちなみにノドが冷えると風邪をひく~みたいな考え方があっても、当のロシア人たちはアイスは食べるし、氷が入ったジュースは飲むし、キンキンに冷えたエールをガンガンおかわりします。

言う割にみんな気にしてなくて、その適当な感じもまたロシアだな~(誉め言葉)。そんなことを思うコショリなのでした。

ちなみにこの記事は9/23くらいからダラダラと書いていたのですが、偶然にも9/27のRUSSIA BEYONDでアップされたのが迷信の話でした。

とても興味深い記事なのでぜひご覧ください!